作文小論文専門学院の小学生講座(添削通信講座)の画像
お申し込みはこちら(当学院は定員制となります)
合格レベルの作文を書けるようになって喜んでいる女の子の画像
みんなの声について

作文小論文専門学院の添削講座をスタートさせ入試時期を迎えると、徐々に合格の報告やお礼のメールをいただくようになりました。このような喜びの声を目にすると「お役に立てて良かった」と安堵するとともに「受講者様の期待を裏切れない」という強い気持ちも生まれてきます。

 

※当学院ではホームページに掲載するためにアンケート等は一切行っておりません。また、定員数に限りがあるため、毎年20名様から30名様ではありますがご連絡いただいております。

その一部をご紹介いたします。(写真のメールは、実際にいただいたものでございます。)

 

※保護者様や受講者様からいただいたメールにも著作権が発生いたしますので、誤字脱字等がある場合も訂正せずそのまま掲載しております。ご理解くださいますよう宜しくお願いいたします。

※個人情報保護の観点から、受講者様を特定できる個人情報(氏名等)は〇〇と表記しております。(希望者様は除きます。)

保護者様やお子さまからのメールや手紙の画像
保護者様・お子さまの声

【添削コース:小学6年生:東京都在住】

第一志望の中高一貫校に合格することが出来ました。添削講座で子供が学んだことは色々ありますが、卒業する今感じることは、こんな風に書けば作文を書けるんだなということです。学校でも塾でも対策はしていただきましたがこのような書き方を教わったことは一度もありませんでした。本当にありがとうございました。

『作文小論文専門学院新聞からの抜粋』

 

【添削コース:小学6年生:東京都在住】

毎回、丁寧な添削指導ありがとうございます。六年〇〇の母です。先週発表があり、第一希望だった小石川に合格しました。

力のない息子の作文に一から付き合ってくれたことを感謝しています。中学に入ると何かと忙しくなると思うので中学講座は未定ですが、またお世話になることあると思います。そのときはよろしくお願いします。本当にありがとうございました。

 

【添削コース:学習塾塾長先生:東京都】

お世話になっております。ひと言ご挨拶させていただきたいと思い連絡致しました。学習塾では国語の指導で精一杯で作文対策にまで手が回らず、正直丸投げしたいという気持ちだけで添削コースの受講を決めました。実際に受講させていただくと私達には出来ないといいますか、今まで知らなかった作文の書き方をご指導いただき本当に感謝するばかりでございます。生徒たちが自信を持って入試に臨み、合格できたのも先生のおかげだと感じております。季節の変わり目にもなりますので、くれぐれもお体にはご自愛ください。

『作文小論文専門学院新聞からの抜粋』

 

【添削コース:小学6年生:千葉県在住】

横矢先生へ、4年生から面倒を見ていただき、その成果が実りました。地元では高倍率の中高一貫校に見事合格し子供も自信をもったようです。何を書いていいのかもわからなかった息子の急成長に家族も驚いています。先生に見ていただき、勉強は方法次第で変わってくるものだということが息子もわかったようです。中学に行ってもそのことを忘れずに頑張ってほしいです。横矢先生の心あるご指導に心からお礼を伝えたいです。改めて連絡させていただきます。

 

【添削コース:小学6年生:東京都在住】

大変お世話になりました。9月から11月の短期コース(添削コース)でお願いし、当初はこんな短い期間で大丈夫だろうかという思いもありました。もともと話し言葉でしか文章を書けないような子でしたので不安でいっぱいでした。そんな娘が「ここまでの文章を書けるようになったのか」と非常に驚いています。いい先生に巡り合えたと思っています。娘は中学生になってからも続けていきたいと話しています。その節は宜しくお願い致します。

 

【添削コース:小学5年生:東京都在住】

8月からお世話になっています〇〇でございます。このような言い方は失礼かと思いますが、作文の講座を決める際、どの講座を受講させようか悩みました。悩みましたが、貴学院でお世話になり正解だったと思っています。と言いますのは、先生の添削講座の丁寧さ、教材内容はもちろんですし、親子でコミュニケーションをしっかりととることができるようになったのが親としては嬉しいです。今までこのような機会をもつことはできなかったので、コミュニケーションをとりながら頑張っていきたいと思います。引き続き宜しくお願い致します。

 

【添削コース:東京都在住】

ご無沙汰しております小学生講座ではお世話になりました〇〇でございます。今月から妹の〇〇もお世話になります。よろしくお願いいたします。姉の〇〇は低学年の頃から作文に苦手意識をもっていましたが、そんな〇〇が作文コンクールで賞をいただくことができました。これも拙い文章に目を瞑り、褒めていただいたから作文を好きになれたのだと思っています。今はクラブ活動にも励んでおり忙しい毎日ですので休会状態ですが、余裕ができましたらまた再開したいと考えています。姉妹ともどもよろしくお願いいたします。

 

【添削コース:小学6年生:神奈川県在住】

作文を教えてくれてありがとうございます。作文はいろんな場面で使うことが多いので、教えてもらった書き方を活用していきたいと思います。中学に行ってもよろしくお願いします。

※小学6年生の男の子からメッセージをいただきました。

 

【添削コース:小学6年生:東京都在住】

今回は受験対策ということで講座に取り組み、桜蔭中の合格という夢をかなえることが出来ました。文章の書き方の本質を習得することで、記述問題全般に強くなりました。知識のない子供の文章を根気よく見ていただき、また具体例を挙げ、予想以上に丁寧な添削をしていただけたこと本当に恐れ入ります。ご指導いただきありがとうございました!

「添削講座」のお申し込みはこちらから
「教材のみ」のご購入はこちらから